トグーズ・クマラックの紹介

 皆さんこんにちは。初めてアドベントカレンダーの記事を書きます。
 今日はトグーズ・クマラックというカザフスタンの伝統ボードゲームを紹介します。カザフスタンではТоғызқұмалақと書くそうです。マンカラ系のアブストラクトゲームです。
 まず、僕が遊んだルールをご紹介します。

用具

  • 
トグーズ・クマラックボード…1個
  • 玉…162個

準備

 トグーズ・クマラックボードに18個ある小さいくぼみのそれぞれに玉を9個ずつ入れる。

目的

 相手よりも多く自分のカザンに玉を入れたプレイヤーがゲームに勝利します。
自分と相手の玉が同数の場合は引き分けです。

プレイ

 プレイヤー達は交互に手番を行います。自分の手番になったら、自分側かつ玉が入っている小さいくぼみを1つ選びます。そこにある玉を全て取ります。
 選んだ小さいくぼみに玉が2つ以上あった場合、玉を全て取って空になった小さいくぼみに1個落とし、反時計回りで順に隣の小さいくぼみにそれらの玉を1個ずつ落としていきます。
 例:図の5番の小さいくぼみに9個の玉が入っていました。この小さいくぼみを選びました。まず玉を全て取り、5, 6, 7, 8, 9, a, b, c, dの小さいくぼみに1つずつ玉を落としていきます。
 選んだ小さいくぼみに玉が1つしか入っていない場合は、その玉を反時計回りで隣の小さいくぼみに落とします。
 例:図の9番の小さいくぼみに1個の玉が入っていました。この小さいくぼみを選びました。玉をaに落とします。
 最後に玉を落とした小さいくぼみが相手側で、かつその小さいくぼみにある玉の数が偶数になった場合、それらの玉を全て取り、自分のカザンに移します。
 最後に玉を落とした小さいくぼみが相手側で、かつその小さいくぼみにある玉の数が3個の場合、それらの玉を全て取り、自分のカザンに移します。そして、その小さいくぼみは自分のトゥズディック(カザフスタン語で神聖な場所)が作られます。ただし次の条件に当てはまる場合は、トゥズディックは作られません。

  • 自分のトゥズディックが既にある場合。
  • トゥズディックを作ろうとしている小さいくぼみが相手の最後の/右端の/iの小さいくぼみだった場合。
  • 相手のトゥズディックと対象の位置にある小さい窪みの場合。(3に相手のトゥズディックが作られている場合、cにトゥズディックを作ることができません。)

 これらの手をプレイすることはできますが、トゥズディックは作られません。
トゥズディックに落とされた玉は、全てそのトゥズディックの持ち主のカザンに移されます。

ゲームの終了

 自分のターン中に自分側の小さいくぼみに玉が無い場合、相手が残っている玉を全て相手自身のカザンに移動させ、ゲーム終了です。

ルールは以上です。

どうやって遊んだか

 まず、卵パックを流用すれば下側とふたで20個のくぼみがあるから、あとはビー玉を買えば遊べるぞ!と思いましたが、常に小さいくぼみにある玉の数が偶数か奇数か判らないといけないので、遊べませんでした。

 次にカザフスタンのオンラインスポーツ用品店にトグーズ・クマラック用具の在庫があるのを見つけました。しかしカザフスタン語でしか書いていないため、海外発送してくれるのかわからず、入手できなくて遊べませんでした。

 今度は木の板を削ってトグーズ・クマラックボードを作ろうとしましたが、電動トリマーで2回もキックバックをくらい、怪我が怖くなって断念したので、遊べませんでした。

 もう手段を選ばず遊んでやるぞと思いました。近所の100円ショップに材料探しに行ったところ、ちょうどよい用具が見つかりました。

水筒用のアイスバー製氷皿です。これとビー玉を買えば遊べます。


みかんはトゥズディックです。

igGameCenterでも遊べます。
対戦相手募集中です。

 BGGのトグーズ・クマラックはこちら。YouTubeには世界大会の映像など様々な動画がアップロードされ、ポピュラーなゲームであることがわかります。

 するめゲームなのでお正月にじっくり遊ぶにはもってこいです。皆さんも遊んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。